塩分を控えカリウムを摂取|カロリーの計算が必要な糖尿病の食事療法には宅配サービスが便利

カロリーの計算が必要な糖尿病の食事療法には宅配サービスが便利

シニア女性

塩分を控えカリウムを摂取

ご飯

高血圧はもはや国民病ともいわれるような病気となりました。血圧が高くなると、血管がもろくなり、破れやすくなってしまいます。そのため動脈硬化や心臓病、脳出血などの合併症を引き起こす可能性が高くなるといわれています。高血圧になる原因として、普段食べている食事の塩分の多さです。塩分は、漬物やミソ、醤油などにも多く含まれています。さらに、忙しい現代人は加工食品や外食、ファーストフードなどの食事に偏りがちになるので、さらに塩分の摂取量が増えるとされています。また、肥満の人も高血圧になる可能性が高いとされています。血圧を下げるためには、毎日の食事の中に含まれる塩分を意識することが大切です。血圧を下げるためには、カリウムを多く含む食事を摂ることが推奨されています。カリウムは、ナスやかぼちゃ、トマトやほうれん草などに多く含まれています。かぼちゃのようなイモ類は、特に食物繊維が豊富に含まれているので便秘の解消にも効果が期待できます。さらにトマトには、血圧を下げるためのカリウム以外にも、強い抗酸化作用のあるリコピンとよばれる成分も含まれているため、動脈硬化にも効果があるといわれています。果物のキウイやみかん、イチゴやりんごなどにもカリウムは多く含まれています。毎日の食事にプラスするといいでしょう。毎日の食事にこれらの栄養素を摂ることで、血圧を下げる効果が期待できます。また、豆類や乳製品も食事に加えることで血圧を下げることができます。自分で用意するのが困難な場合は、宅配サービスも行なっている業者もあるので、利用するといいでしょう。