昔は珍しかった病気|カロリーの計算が必要な糖尿病の食事療法には宅配サービスが便利

カロリーの計算が必要な糖尿病の食事療法には宅配サービスが便利

シニア女性

昔は珍しかった病気

病食

ビールにはプリン体が多く含まれており、それが痛風には良くないということは広く知られています。しかし、日本酒や焼酎なら良いと言うわけではありません。アルコールは尿酸の排出作用を低下させるので注意しましょう。痛風の人は、一切アルコールを摂取しないことが望ましいです。しかし、お酒好きの人は急には禁酒できません。ストレスが溜まる人もいます。それはそれでまた問題になってくるので、週に2日とか3日だけ飲むという風にしましょう。毎日飲んでは痛風はどんどん悪化していくので気をつけることです。また、お酒を飲むときはつまみにも気を配らないといけません。プリン体を多く含むつまみは多いので、そういうものは避けましょう。

かつて、日本では痛風は珍しい病気として認識されていました。しかし、1960年を過ぎた頃から、痛風患者が急増してきています。主な理由は、欧米型の食事が広まったからです。現在では、80万人程度の人が痛風であると言われています。患者数は今後も増えていくでしょう。ここ最近、予防医療が話題になってきているとは言え、それが効果を発揮するのはまだまだ先です。しばらくは、痛風患者の増加は止まらないでしょう。また、昔は痛風になる人は50代を中心とした中年層でした。しかし、最近では30代前半の痛風患者が増えています。既に、糖尿病は子供でも発症することが知られていますが、将来的に痛風も子供の間で流行するかもしれません。そのため、最近では発症に備えた対策が重要視されているのです。病食の宅配サービスも充実してきており、自宅から近いところを利用することが出来ます。また、病食宅配サービスでは痛風以外の病気の人や高齢者で柔らかいものしか食べられないといった人向けのものもあります。家族で健康を維持するためにも病食宅配サービスを利用してみてはいかがでしょうか。